デジタルレコーダーのコーナー


デジタル方式で録音する機器はCDプレーヤー同様に比較 的
新しいコンポーネントです。しかも,様々な規格が存在し ます。
「懐古録」とは言いにくい分野かもしれませんが,印象に 残る
名機はやはり存在すると思います。
 

DTC-1000ESのページへ
SONY DTC-1000ES

ソニーが1987年に発売した同社のDATデッキ第1号機。デジタル録音のできる機器としては最も高
性能を誇るDATデッキの原器といえる存在でしょう。このDTC-1000ESの基本メカニズムや基本パ
ーツを使ったDATデッキは第1世代のDATデッキの中には多かったのではないかと思います。DATの
基本を開発したソニーの実力が感じられる完成度の高いDATでした。ただ,残念なことに,第1世代の
DATデッキは著作権の壁に阻まれ,CDからのデジタル録音ができなかったのでした。

PCM-F1のページへ
SONY PCM-F1
ソニーが1981年に発売したPCMデジタルオ−ディオ・プロセッサー。DAT以前はこのようなプロセッサ
ーとビデオデッキを組み合わせてデジタル録音をしていました。このPCM-F1は世界初のAC/DC両用
で,ポータブルデッキと組み合わせると生録も可能と画期的な製品でした。実際,当時世界各地のレコー
ディングスタジオでも使われていたようで,そのクオリティの高さと信頼性は相当なものでした。



XD-001のページへ
EXCELIA XD-001
DATの記念すべき商品化第1号機は,実はアイワがEXCELIAブランドで出したこのXD-001でした。
中身は親会社であったソニーとの共同開発で,上記のDTC-1000ESとほとんど同じでした。しかし,
EXCELIAブランドの頃のアイワは本当に気合いが入ったいい機器を作っていました。

D-1000のページへ
PIONEER D-1000
パイオニアもDATには熱心に取り組んでいるブランドでした。同社の第1号機D-1000は,A/Dコン
バーターにもデジタルフィルターを搭載し,徹底的に音質対策を施した当時の最高級クラスのDATデッ
キでした。その後のパイオニアのDATの分野での活躍を予感させる力作だったと思います。

DTC-1500ESのページへ
SONY DTC-1500ES
ソニーが1990年に発売したDATデッキ。DATのオリジネーターとして,多くの業務用DATを手がけ
てきたソニーが満を持して発売したコンシューマー用DATデッキの最高級機でした。ナカミチの超弩級
DATデッキ「1000」以外では初めての4ヘッド録再同時モニター機能を搭載し,高級品にふさわしく各
部とも贅沢な作りがされた逸品でした。



D-07のページへ
PIONEER D-07
パイオニアはDATに非常に力を注いでいたメーカーですが,このD-07は96kHzというハイサンプリン
グモードを搭載し,話題をさらった名機でした。記録時間は半分になってしまいますが,その自然な音
はすばらしいものでした。その凝った作りや美しいデザインも高級機にふさわしいものでした。D−07
に始まったハイサンプリングモード搭載のDATは,プロの分野で性能が認められ,活躍することとなり
ました。

1000のページへ
Nakamichi 1000
ナカミチが1988年に発売した超弩級デジタルレコーダー。世界最高のレコーディングマシンをめざし
てナカミチが開発しただけあって,DATのメカニズム,エレクトロニクスなどあらゆる面にナカミチらしい
こだわりを詰め込んだという感じで,その音質はもちろん,操作感も他のDATとは一線を画す,すばら
しいものでした。

PC-X1のページへ
SANSUI PC-X1
サンスイが1983年に発売したPCMプロセッサー。当時の標準だった14ビットでの記録・再 生方式
でしたが,記録するVTRへの対応性を高めるため,信号読み取り精度を高めた新技術「トライ コード
PCM方式」を搭載し,VTRの長時間モードでも問題なく記録・再生ができるようになっていた ことが
大きな特徴でした。ソニーとはまた違ったサンスイらしい音を持った名機だったと思います。

.SV-P100のページへ
Technics SV-P100
テクニクスが1982年に発売したデジタルオーディオテープレコーダー。PCMプロセッサーと VHS
ビデオデッキを一体化したというものですが,技術的には後のDATにつながるものといえるかも し
れません。ソニーのPCM-F1に対するテクニクスの意地を感じさせる力作だと思います。

D-9000のページへ
A&D D-9000
A&Dが1987年に発売したDATデッキ。A&Dが持ち前の優れたテープデッキ技術を生かし た
高性能なDATデッキでした。ヘッド,走行系をはじめ,録音系へのデジタルフィルターの投入な ど
各部にこだわった作りが第1世代のDATデッキの中でも際だつ1台でした。

DTC-2000ESのページへ
SONY DTC-2000ES
1993年にソニーが発売したDATデッキ。DTC-1500ESを引き継いで民生用の最上級 機とし
て開発された高性能なDATデッキでした。SBM等,最新のデジタル技術を駆使し,しっかりし
た作りのメカニズム系と合わせ,高い評価を得ていました。残念ながら,ソニーのDATデッキの
高級機として最後の1台となってしまいました。

XD-80のページへ
Aurex XD-80
1981年にオーレックス(東芝)が発売したデジタルレコーディングプロセッサー。ビデオデッ キと
組み合わせてデジタル録音を行う,いわゆるPCMプロセッサーですが,高品質なパーツを投入
した,オーレックスらしさあふれる1台でした。

XD-Z909のページへ
Victor XD-Z909
1990年にビクターが発売したDATデッキ。CDからのダイレクトコピーを可能にした SCMS規
格のデッキで,ビクターのDATデッキの最上級機でした。優れたビデオデッキの技術とデジタ
ルオーディオの技術を持っていたビクターならではの1台でした。

PCM-1のページへ
SONY PCM-1
1977年にソニーが発売したPCMプロセッサー。VTRを記録機器として使ういわゆる
PCMプロセッサーの民生用第1号がこのPCM-1でした。当時としては画期的な小型
化(でも大きいですが・・)を実現していました。後のデジタルオーディオでのソニーの活
躍のスタートだったといえるでしょう。

R-1のページへ
ESOTERIC R-1
1987年にティアックが発売したDATデッキ。この年,エソテリックブランドを立ち上げ
たティアックは,プレミアムブランドであるエソテリックブランドの第1弾商品シリーズの
1台としてこのR-1を発売しました。それだけに充実した中身を持つ1台でした。

TCD-D10のページへ
SONY  TCD-D10

1988年にソニーが発売したDATデッキ。「デジタル・デンスケ」の名を冠して
発売された,国産初(世界初?)のポータブルタイプのDATデッキで,生録ファ
ンに,高い支持を得ました。


※ここに掲載された写真は,各製品のカタロ グからの抜粋で,その版権・
 著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,こ れらの写
 真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行為ですの でご注
 意ください。        
     
   
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。ある いは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。                       

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 

メニューにもどる